JPNICロゴ

新gTLD、次の申請ラウンドに向けた意見募集

投稿者 dom_gov_team on 2017年5月1日

今日は、新gTLDプログラムの次の申請ラウンドに向けて、ICANNのWebサイト上で2017年3月22日から開始された意見募集手続きをご紹介したいと思います。

P1440577.pngICANN会議での次回新gTLD募集手続き関連ポリシー策定作業部会の議論風景

意見募集のページ:
GNSO Community Comment 2 (CC2) on New gTLD Subsequent Procedures Policy Development Process
https://www.icann.org/public-comments/cc2-new-gtld-subsequent-procedures-2017-03-22-en

新gTLDプログラムにおける最初の申請ラウンドは2012年1月~4月に実施され、 このときのラウンドでは1,930件の申請がありました。その後、586件の申請は取り下げられたということです。残り1,344件中、2017年3月現在、約3.1パーセントにあたる42件が不承認に終わり、約90.5パーセントにあたる1,216件が承認され既にルートゾーンに追加されています(約6.4パーセントにあたる86件は今なお審査中の状態です)。

次の申請ラウンドへの関心は以前より寄せられていましたが、最初の申請ラウンドにおける申請のほとんどの処理が完了した現在、次の申請ラウンドが2019年に実施される見込みが高まってきています。

現在、GNSOのNew generic Top Level Domain (gTLD) Subsequent Procedures Working Group (次回新gTLD募集手続き関連ポリシー策定作業部会)が第一次申請ラウンドの見直し作業を行っています。この作業部会は、2016年2月にGNSO評議会によって設立されました。

作業部会は、第二次申請ラウンドを開始するにあたって、2012年の申請ラウンドでのGNSOによる最終勧告の内容と、新gTLD申請者ガイドブックについて、修正が必要ないかどうかとの点から、検討を始めました。

作業部会は2016年8月に六つの項目(Subject 1.~Subject 6.)について意見募集(Community Comment 1)を行いました。このときの六つの項目は、以下の通りでした。

  1. 新gTLDの追加のタイミングや仕組み、その他必要検討事項について
  2. 次の新gTLD申請メカニズムにおけるgTLDの分類について
  3. 申請ラウンドという仕組みについて
  4. 申請における予測可能性(predictability)の維持について
  5. 新gTLD申請プロセスへのコミュニティの関与について
  6. 申請の制限について

作業部会は、そのチャーターに基づき対象とすべき課題でありながらCommunity Comment 1では対象としていなかったものを、今回Community Comment 2において、課題の種類別に、Work Track (WT) 1~4に分類しました。

この、WT1~WT4に分類された質問事項について、今回意見募集が開始されたことになります。

WT1~WT4の概要は以下の通りです。

  • WT1:手続全般(認定プログラム/申請サポート/申請プロセスの明確性/申請費用/その他費用/申請期間/申請の順番管理/システム/申請者ガイドブック)について
  • WT2:法規制、契約関係(基本の契約/予約名/登録者の保護/一般名詞による一般受付されないgTLD/申請の条件/レジストラの非差別およびレジストリ・レジストラの分離/契約委任期間の一律化/契約上のコンプライアンス/グローバル公益)について
  • WT3:異議申し立て/新gTLD申請者の表現の自由/コミュニティ申請・コミュニティ優先評価/文字列の類似性評価/説明責任の仕組みについて
  • WT4:国際化ドメイン名/技術的課題(Universal Acceptance/申請の評価/名前衝突/安全性・安定性)について

「WT1」~「WT4」の見出しの下にはそれぞれ20項目以上の質問事項が並びます。さらに、「これらの質問事項のすべてが次の申請ラウンドまでに解決されるべきだと思いますか?」といった、全体に関係する質問も別に4項目あるため、質問事項は全部で105項目にも及びます。

大変なボリュームですが、作業部会はこれらの質問事項について、「とても広範囲にわたる質問事項で、回答者は自身が関係する質問のみに回答したいと思うだろうということを理解しています」と明記しています。

次の申請ラウンドのあり方を左右する重要な意見募集となりますので、先の申請ラウンドについて疑問に思われた点、改善すべきと思われた点等のある方は、ぜひ、意見を提出されてはいかがでしょうか。

意見募集期限は、2017年5月22日(月)23時59分(UTC)、日本時間で2017年5月23日(火)午前8時59分までとなっています。