JPNIC Blog JPNIC

IPv6のセミナーを、高松と岡山で開催します

event_team 

最近では、インターネット発祥の北米地域もIPv4アドレスのレジストリ在庫が枯渇する寸前となっています。「IPv4アドレスの在庫が枯渇したので、IPv6への移行を・・・」というのは、聞いて久しい話ではないでしょうか。

通信事業者側のサービスや、端末レベルでのサポートという側面で、IPv6対応はだいぶ進んできたという印象です。IPv6普及・高度化推進協議会さんでは、「日本におけるIPv6の普及率」の統計を公開しています。しかし、現時点でIPv6において、キラーコンテンツと呼べるほどのものはまだ存在しておらず、 「IPv6にしなくてはならない」という一般的な現実感はまだまだ薄いと言えるかもしれません。

とはいえ、スマートフォンやIoTといったものが導入されていく過程で、ある日、自然とIPv6対応を迫られる日が来るかもしれません。「IPv6、、、いつかやればいいや」というのではなく、そんなことになっても慌てずに対応できるよう、知識だけでも身につけておいて損はありません。

ということで、お待たせしました!! JPNICでは、東京以外の地域でも、IPv6に関する普及啓発を進めていこうと、今回、株式会社STNet岡山IPv6コンソーシアム/株式会社オービスの協力を得て、9月1日(火)に高松、9月2日(水)には岡山で、「IPv6対応セミナー」を無料で開催することになりました!

高松と岡山に近い方々、ぜひこの機会にご参加ください。東京で行っている「JPNIC技術セミナー」ほどの粒度はありませんが、それでも1日でIPv6の座学と構築体験ができる中身となっています。

詳しくは、以下のチラシもご覧の上、お申し込みくださいね(画像はクリックすると拡大します)。