JPNICロゴ

IWショーケース in 名古屋レポート & IW2017 事前アンケートのお知らせ

投稿者 event_team on 2017年7月5日

先月(2017年6月)の1日と2日に、中京大学名古屋キャンパスにて「Internet Week ショーケース in 名古屋」を開催しました。187名の方にご参加いただきました。また、急遽中継も提供しまして、瞬間最大視聴者数は120でした。

DSC_0043-re[1].jpg 中京大学 名古屋キャンパスの図書館・学術棟。4年前にできたばかりだそうです。この3階に今回の会場となった清明ホールが。

既にJPNICメールマガジンINTERNET WatchさんとScanNetSecurityさんでイベントの模様は紹介されていますが、このブログでは写真を交えてイベントの模様をお伝えしたいと思います。講演の資料はInternet Week ショーケース in 名古屋のプログラムページにアップされていますので、内容を詳しく知りたい方はそちらも併せてご覧ください。

Internet Week ショーケース in 名古屋 フォトレポート

Day1-2.jpg

初日のテーマは「インターネットの基盤技術を見直す」。IPアドレスとドメイン名の役割、国際的な分配管理の仕組みをJPNICの角倉教義よりご説明しました。その後、Internet Weekで毎年おなじみのルーティングとDNSの中から、いま特にインターネット技術者に知っておいて欲しいトピックを扱いました。

DSC_0037-re[2].jpg 基調講演は名古屋大学の高田広章教授。情報通信技術と組み込み技術によって自動車がどこまで進化したか、今後進化していくのかをお話いただきました。

DSC_0063-re.jpg プログラム企画を担当した岡田雅之(JPNIC、写真左)と中島智広さん(日本DNSオペレーターズグループ(DNSOPS.JP)/NRIセキュアテクノロジー株式会社、写真右)。
初日の見どころを紹介しました。

DSC_0119-re.jpg 石田慶樹さん(日本ネットワークイネイブラー株式会社)からは、最近さまざまな事例が発生しているドメイン名のライフサイクルマネージメントの話を。

米谷嘉朗さん(株式会社日本レジストリサービス)と末松慶文さん(九州通信ネットワーク株式会社)による「ルートゾーンのKSKロールオーバーについて」は、今年多くの方に影響があることとしてINTERNET Watchさんで記事になりました。

初日の全講演終了後、中京大学さんの学食をお借りして懇親会を行いました。x0年振りに学食に足を踏み入れた方も多かったのではないでしょうか。

DSC_0261-re.jpg 中京大学の安村仁志学長による乾杯の挨拶。「学長がいらっしゃる!」ということで少し緊張しましたが、冗談を交えたお話に場が和みました

DSC_0310-re.jpg 歓談の様子(1)

DSC_0273-re.jpg 歓談の様子(2)

DSC_0362-re.jpg ISACA名古屋支部の山口宜之さんによるライトニングトークはISACA名古屋支部の活動紹介。定期的にセミナーを開催しているそうです。
メンバー以外でも参加OKなものもあるようですので、お近くで興味のある方は一度顔を出してみてはいかがでしょうか。

Day2-2.jpg

2日目のテーマは「インターネットに不可欠なセキュリティを見直す」。今回、事前に愛知県近郊の皆さまを対象にプログラムについてのアンケートを実施しました。そしてInternet Week 2016の講演の中から、特に「これを名古屋でもやって欲しい!」というお声が多かった、以下三つのセッションを厳選しました。

このうち、「知って納得!企業のDDoS対処戦略~基礎から実践まで~」を企業や事業者の取り組みに焦点を当てて再構成した「企業のDDoS対処戦略 Reloaded」のパートに関するレポートが、ScanNetSecurityさんに掲載されています。

DSC_0503-re.jpg 「実践インシデント対応~侵入された痕跡を発見せよ~」のJPCERT/CCの竹田春樹さん(左)。
昨年東京で開催したときには、40近くあるセッションの中でいち早く満席となった人気セッション。

DSC_0534-re.jpg ランチのあとはDNS♪ Day2の午後の部はJPRSの森下泰宏さんでスタート。

DSC_0666-re.jpg 種田行男 中京大学副学長より、閉会のお言葉をいただきました。

Internet Week ショーケースは、近年東京開催が続いていたInternet Weekについて、その番外編を首都圏以外で開催しようという取り組みでした。開催にあたっては共催の中京大学さま、協賛企業/後援団体の皆さまをはじめ、多くの方にご協力いただきました。特に地元組織の皆さまの運営、地元の方への周知へのご協力なくしては成り立たなかったと思います。そしてお忙しいところ、名古屋まで来ていただいたご講演者の皆さま、企画にご協力いただいたプログラム委員の皆さまにも感謝申し上げます。

来年以降もこのような取り組みを継続予定です。もし「会場提供するのでうちの地元でやってほしい!!」という方がいらっしゃいましたら、Internet Week 事務局(iw-info@nic.ad.jp)までお知らせください笑顔

Internet Week 2017 事前アンケートは7/6(木)まで回答受付中!!

Internet Week ショーケース in 名古屋から1ヶ月が経ちました。実行委員、プログラム委員、事務局などの関係者は、既に今年11月に開催する通常版Internet Weekに向けて始動しています。

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今年のInternet Weekについてあらためて。Internet Week 201711月28日(火)から12月1日(金)まで、ヒューリックホール&ヒューリックカンファレンス(東京・浅草橋)で開催しますクール

現在、プログラムに関するアンケートを実施中です。選択式の設問中心で数分で終わりますので、ぜひご協力をお願いします。この集計結果を参考に、今年はどのようなプログラムにしようか、プログラム委員が検討します。あなたの回答が、今年のプログラムを作る上でのヒントになるかもしれません。回答は7/6(木)18時まで受付中です。

DSC_3916-re.jpg 昨年のInternet Week プログラム委員会の様子。

今年もこのブログでは、Internet Week 2017の情報をたくさんお届けしていきます。お楽しみにウィンク