JPNIC Blog JPNIC

『インターネット白書2020』が発刊!アーカイブには2019年版が追加!

pr_team 

インターネットの最新動向を取りまとめた年鑑である『インターネット白書』。今年も『インターネット白書2020』が、2020年2月7日(金)に発行されました。

JPNICは、インターネット白書の企画・編集を行う編集委員会のメンバーとして、全面的に協力しています。

●『インターネット白書2020』の特徴

  • 日本国内でも5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスが開始される今年、『インターネット白書2020』の副題は「5Gの先にある世界」です。
  • 東京2020オリンピック・パラリンピックにちなんで、特別ロゴとなっています!!
  • 10大キーワードを特集しています。
  1. 5G
  2. サブスク
  3. デジタル・プラットフォーマー規制
  4. 信用スコア
  5. プログラマブルマネー
  6. OMO
  7. エッジコンピューティング
  8. 低軌道衛星
  9. ディープフェイク
  10. RE100

気になる中身は……、ぜひご購入のうえお読みいただければと思います!!

電子版とオンデマンド印刷版の両方がご利用可能で、電子書籍版2,800円(税別)、オンデマンド印刷書籍版3,200円(税別)となっています。

 

『インターネット白書2020』の副題「5Gの先にある世界」を象徴する表紙

 

●「インターネット白書ARCHIVES」に2019年版を追加

また、『インターネット白書2020』の発刊にともない、昨年の『インターネット白書2019』が、無料バックナンバーサービス「インターネット白書ARCHIVES」に公開されました!

インターネット白書ARCHIVES

『インターネット白書2019(副題:デジタルファースト社会への大転換)』は、2019年1月に発刊したインターネット白書です。「QRコード決済」への相次ぐ参入による決済サービスの再編とキャッシュレス化の進展、交通手段を連携する移動サービス革命「MaaS」(Mobility as a Service)の台頭、越境データ流通に対する海外プライバシー法制の動き、DAppsと呼ばれるブロックチェーン上の分散型アプリケーションの登場など、2020年代へと続くデジタルムーブメントをご確認いただけます。

インターネット白書ARCHIVESのトップ画面

 

あらゆる分野に影響を及ぼすインターネットの動向を、多角的な視点で解説するIT/デジタル業界の年鑑です。ご活用いただければ幸いです。

■ 参考 ■

●JPNICからのお知らせ

『インターネット白書2020』発刊のお知らせ(2020/02/07)

『インターネット白書ARCHIVES』に2019年版が追加掲載(2020/02/14)

 

●株式会社インプレスR&D(インターネット白書の発行元)からのニュースリリース

5Gの先にある世界。『インターネット白書2020』発行 24年目を迎えたIT/デジタル業界定番資料、最新刊

インターネットの歴史が無料で読める! 「インターネット白書ARCHIVES」に2019年版を追加 IAjapan/JPNIC/JPRS/インプレスR&Dの共同社会貢献活動