JPNIC Blog JPNIC

将来のルートゾーンKSK ROに関するパブリックコメントについてレポートが公開されました

tech_team 

2020年4月末から延期されていた、将来のルートゾーンKSKロールオーバー計画についてのパブコメ募集に対する結果が、先日まとめられ公開されました。

先日、ICANNの担当者より、COVID-19の影響のためレポートの公表が遅れているとの報告がありました。同様に、将来のルートゾーンKSKロールオーバーの計画についても COVID-19の影響を受け、現時点では今後のタイムラインを示すことができないとしています。

このレポートでは、次回のKSKロールオーバーのスケジュールを、世界各国から米国への渡航が安全にできるようになり、face-to-face での鍵のオペレーションができるようになったときに再検討するとしています。

パブリックコメントは以下のようなさまざまなものが寄せられ、各項目についてICANNスタッフによる分析と評価が報告されています。

  • ロールオーバーはDNSSECの普及に悪影響を及ぼすのではないかという懸念
  • 新しいKSKがルートゾーンに含まれることによる鍵の数やパケットサイズの増加の影響
  • ロールオーバーの期間が長くなることによるHSM (Hardware Security Module)の運用スキルの低下
  • 鍵の生成場所や保管場所
  • ロールオーバーの作業手順に関するもの

パブリックコメントの募集およびその結果が報告されたわけですが、将来のKSKロールオーバーについては、今のところCOVID-19の状況次第ということになるようです。