JPNIC Blog JPNIC

News & Views コラム:Internet Week 2021はじまります

pr_team 

メールマガジンで配信したインターネットに関するコラムを、このブログでもご紹介しています。2021年11月は、11月16日(火)~26日(金)の会期で開催した「Internet Week 2021」のプログラム委員としてプログラム作りに参加していただいた、NTTコミュニケーションズ株式会社の伊藤良哉さんに、ご担当されたプログラムなどのご紹介をお書きいただきました。

 


いよいよ今年もInternet Weekがはじまります。Internet Weekは今年で25周年を迎え、それを記念し、インターネット技術の基礎に関する動画をいつでも見ることができる「Internet Week Basicオンデマンド」と、過去に開催したInternet Weekの講演資料を検索できる「Internet Week デジタルアーカイブ」を提供し、Internet Week 2021最終日には「四半世紀記念パーティー」が開催されます。

Internet Week 2021のテーマは「明日のカタチ」です。今後確実にやってくるであろう新しい時代に、積極的に目を向けて取り組んでいきたい、という想いが込められています。COVID-19の影響により、完全オンライン開催となるのは少し残念ではありますが、オフラインに負けないようなボリュームでお届けする予定です。

私はInternet Week 2021のプログラム委員として、プログラム作りに参加しております。プログラム作りは、分野ごとのチームに分かれ、それぞれが講演すべきテーマを持ち寄り、それに適する講演者を探すという流れで進んでいきます。その後、プログラム委員や講演者と何度も議論を重ね、プログラムをブラッシュアップしていきます。

今回、私が担当したプログラムはC5-C7の「どう使う?データセンターネットワーキング最前線」です。

https://www.nic.ad.jp/iw2021/program/detail/#c5

各事業者の方々に、トレンドや実際のユースケースを具体的に分かりやすくご紹介いただくことによって、昨今のネットワーク技術を理解いただくとともに、彼らの運用上の課題を克服するためのテクニックを持ち帰ってもらうことを目的として、企画しております。その他の見どころは下記動画にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

Internet Week 2021へ、多くの方のご参加をお待ちしております。

 


■筆者略歴

伊藤 良哉 (いとう よしや)

2013年 NTTコミュニケーションズ株式会社入社。主にOCNの設計・開発に従事。2019年よりJANOG実行委員などのコミュニティ活動に携わる。Internet Week 2021プログラム委員。