JPNIC Blog JPNIC

Brexitと.euドメイン名

英国のEU離脱(Brexit)に伴い、.euドメイン名の登録が維持できなくなることについて触れています。

News & Views コラム:Internet Week 2020 の舞台裏 @配信チームより

メールマガジンで配信したインターネットに関するコラムを、このブログでもご紹介しています。12月は、Internet Week 2020のプログラム委員であり、配信チームとしてオンライン開催を支えていただいた、株式会社ブロードバンドタワーの青山尚暉さんに、その舞台裏についてお書きいただきました。

2020年11月のアクセス数Top 10

2020年11月のJPNICブログアクセス数Top 10は、例年通りInternet Weekの記事が複数ランクインしました。そして、DNS関連の記事は根強い人気です。

IW2020の配信の構成について

Internet Week 2020は、2020年11月17日から11月27日のうち7日間、完全オンライン配信にて開催しました。その配信をどのように行ったのかについて、実際に配信を行ったなかで見えてきた課題点なども交えながら解説いたします。

第109回IETF報告 [第1弾] 全体概要

第109回IETFミーティング(IETF 109)は、前回に続いて完全なオンラインで開催されました。以前から使われていた、Meetecho、CodiMDといったツールやYouTubeでの録画視聴など、IETFミーティングのオンライン化が進んでいます。IETFミーティング開催に関わる、IETF LLCとISOCによるサポートについても報告します。

IPv6 Summit in TOKYO 2020で発表しました

2020年12月2日(水)に、毎年恒例のIPv6 Summit in TOKYO 2020が開催されました。現在のコロナ禍において、さまざまな社会活動がインターネットへの依存度を増していく中で、それを高い品質で支えるための技術、手段として、IPv6を活用していく必要があることが、各セッションから伝わる会合となりました。

エンドツーエンド暗号化と法規制

2020年秋冬から2021年にかけて、エンドツーエンド暗号化に対する法規制が日本を含む先進国でなされる可能性が出てきました。本稿はその動向について調べたものをお伝えしています。

完成間近:日本語ルートゾーンラベル生成ルール(LGR)提案書ドラフトまでの道のり

ルートゾーンでIDNを利用する際の文字列に関するルール検討が、ICANNと各言語コミュニティで行われています。日本語については、日本語生成パネル(JGP)による検討が続いており、2020年10月にICANNに日本語文字列の扱いに関する提案書のドラフトが提出されました。現在、日本のコミュニティからの意見募集が行われていますので、その概要をご紹介します。