JPNIC Blog JPNIC

DNS Abuse

本稿ではドメイン名システム(DNS)の悪用(Abuse)に関して、技術的でない側面における対策について解説します。DNS Abuseとは、DNSの利用もしくはドメイン名の登録に使われる手続きが関連した、迷惑メール、ファーミング(Pharming)、フィッシング、マルウェア、ボットネットなどの、セキュリティ上の脅威となる悪用行為を指すとされています。

IPv6対応状況に関するアンケート調査結果報告

JPNICでは2014年から毎年、IPv6の対応状況について、JPNIC会員をはじめ、IPアドレス管理指定事業者とPIアドレス割り当て先組織等の皆さまに対してアンケート調査を実施しています。この度、6回目となる調査を実施しましたので、その結果についてご報告します。

News & Views コラム:テレワークで考えるインターネットの将来

メールマガジンで配信したインターネットに関するコラムを、このブログでも紹介しています。今月は、富士通株式会社の栃尾祐治さんに、2020年3月にフルリモートで開催されたIETF 107会合を振り返りつつ、テレワークを通じて考えるインターネットの将来についてお書きいただきました。

2020年4月のアクセス数Top 10

皆さま、DNSSECはお使いでしょうか? 2020年4月のブログアクセス数は、DNSSECの普及率を調べたコラムが1位となりました。

News & Views コラム:情報発信とフィードバック

メールマガジンで配信したインターネットに関するコラムを、このブログでも紹介しています。今月は、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターの中井尚子さんに、双方向的な情報発信を通じて得た気付きやその重要性についてお書きいただきました。

2020年3月のアクセス数Top 10

IPv6が、ゆっくりと普及しているようです。もしかすると、新型コロナウイルスに関係があるのかもしれません。

国際移転の準備をするには?

アジア太平洋地域におけるインターネットの発展に向けた活動を支援することを目的として、APNICとWIDEプロジェクトは「Asia Pacific Internet Development Trust (APIDT; アジア太平洋インターネット開発信託)」を設立しました。APIDTの概要と、APIDTにも関連するIPv4アドレスの国際移転についてご説明しています。